『バカをつくる学校』 ジョン・テイラー・ガット著

 

バカをつくる学校

バカをつくる学校

 

 

絶版なのが本当に残念。図書館で借りて読んだ。

 

ガット氏の主張を要約させてもらうと、

●義務教育の真の目的は「従順な労働者」を育成するのが目的であり、そこになじめないのはとっても正常な事。

●義務教育レベルの学力なんて実は100時間足らずで身につけられる。

つまり家で勉強するだけであっという間に身につけられる。

だから、学校で精神病むより家で勉強すればいいよ。

 

実際、義務教育という形態は、1850年ごろマサチューセッツ州で考案されたもので、大昔から続いてきたものではない。

1850年に使われていた5年生の算数や作文の教科書を見てみると、その内容が

現在の大学レベルに相当することがわかる。

つまり、学校の真の目的は「基礎学力の養成」などではない。

 

こういう事言うと「友情を学ぶ」とか「協調性を育む」とか「体育で体を動かす」とか

そういうのが大事なんだ!とか言う人必ずいるけど、そうだろうか。

全部、学校行かなくて出来ることである。

 

とりあえず、ちょっとでも興味持ったらぜひ自分で読んで、考えてみてほしい。

近くの図書館になかったら、国会図書館行けば必ず読めると思う。

 

 

 

広告を非表示にする
当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。