貧乏人は綺麗事が好き

 

 

うちの父は「世の中そんな甘いモンじゃない」「現実は厳しい」が口癖の貧乏人だった。

 

言っとくが、そんなこと言ってるから貧乏なんだよマジで。

 

貧乏なのは知識がないから。そして、本当は人一倍お金に執着しているから

「お金なんか・・!お金なんか要らないモン!」とか言うんだよね。笑

本当にお金に執着ない人はそんなにお金を敵視してません。

 

はっきり言って、世の中に楽して儲けてる人はたくさんいるし、それは悪い事じゃない。(まあ、普通に年相応のおつむがある人なら、大人ならみんな判ってると思うが笑)

詐欺とか人を騙したりとかはダメだけど、そうじゃないなら需要と供給で成り立ってる

んだからいいんだよね。

 

で、うちの父がよく「お金はなければないほどいい」「自分は人とは違う」「いつかみんな分かるだろう」とか寝言をほざきながら、なぜか毎年年末ジャンボ宝くじを買ってるんだよね。wwwww

 

だから、「そんなにお金が憎いならなんで宝くじ買うの?ww」って聞くと

「お金が欲しいからじゃない。夢を買ってるんだ!」とかイミフすぎる発言wwww

 

あの、その「夢」っていうのは、イコール当選する、つまりお金を手にする、ってことじゃないんですか?wwwwwwww

 

もう、自分で何言ってるかも分かってないんだよね。どうしようもない。

 

こういう父と、かなり頭の悪い母が結婚したのがよくわかる。

これもまた、需要と供給で成り立ってるんだよね。笑

広告を非表示にする
当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。