英語は「やらない理由」がない

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

 英語って、「やらない理由」のほうがないと思う。

『英語上達完全マップ』の著者曰く、英語上達には「個人的な強い動機」がないと絶対に続かない、だそうだが、そんな事もないと思う。

 

私は英語は、政治経済とか難しい話題(笑)じゃなければ普通にできるレベルです。

仕事で海外に1年半ほどいたせいもあるけど、英語って表現の数が少なくて、「こんな言い方でいいのか!」とか驚く事が多い。日本語は複雑すぎます。

 

で、私の英語力を人に説明する時、「政治経済とか難しい話題じゃなければ出来る程度です」と言うと、ハァ?って顔されるんだよね。笑

だから、あまり資格試験とか好きじゃないんだけど、こういう時にTOEICのスコアとかが指標になるんだなぁと思って、今更、受けてみようと考えてます。笑

 

あと、こんな本も話題になりましたね。

 

日本人の9割に英語はいらない

日本人の9割に英語はいらない

 

 まず、こんな本を読んでしまう人っていうのは、「英語って出来たほうが良さそうだけど、でもそんな余裕ないし、やっぱ自分には必要ないよね・・」とか、無理やり自分に言い聞かせて納得しようとしてるんじゃないかと思う。

 

だって、本当に必要ないと思うならやる必要は勿論ないし、わざわざこんな本読まないと思うんだよね。

海外に住んでた時、ワーホリで来ている日本人にもたくさん出会ったけど、「英語なんか必要ない、英語なんか出来なくてもエンジョイできる」とか言ってる人で、英語できる人っていなかったです。まさに「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」といつも思ってました。

 

で、肝心の自分がなぜもう一度ちゃんと英語をやりたいと思ったかと言うと、ネットショップ一本で食べていくという夢が出来たので、そしたら英語が必要だと思ったからです。

でもこれからの時代、英語ってパソコンと同じくらい必須スキルになると思うので、逆に「やらない理由」を見つけるほうが難しんじゃね?と思って、記事タイトルです。笑

 

 

広告を非表示にする
当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。