男子プロテニス界がイケパラな件

デビスカップ1回戦乙でした。マレーvs錦織はまさしく死闘であった。

 

実は私の一番好きなテニスプレーヤーは、添田豪です。笑

理由は、かっこいいから。笑

あの大人の色気。笑 やばい。笑笑

最近は下部ツアーを回ってるので、あまり見れなくて残念なのです。

 

修造曰く、「プロになれた人の中で、トップになれる人とそうでない人の違いは何か、

それは運と才能(要約)」と著書の中で書いてたけど、私もそう思う。

 

プロになるくらいだから努力は最大限当たり前にしている筈で、そこからトップにいけるかどうかは、もう運と才能の世界だと思う。

 

錦織という稀代なスターが登場したおかげでテニス界が盛り上がった訳だが、

もっとATPでトップ100というのはどれほどすごい事か、報道してもらいたいですね。

錦織はプロになって確か半年くらいでサクッと100位内に入ったけど、普通は100位って

すごい壁なのですよ。錦織が規格外すぎるだけで、他の日本男子選手が弱いんじゃ

全然ないのですよ・・

 

なんだろ、こんなに規格外な選手ばかり取り上げてもしょうがないと思うのよ。笑

もっと普通に頑張ってる選手を取り上げてよと思うのよ。

普通に頑張ってた人と言えば、TBSの石井アナもそうだけど、

 

錦織圭 限界を突破する瞬間

錦織圭 限界を突破する瞬間

 

この本を読んで、華やかに見えるプロツアーの裏側の苦労がよく分かった。

こういう「失敗例(失礼だけど)」って、すごく貴重な話だと思うのよ。

成功者の「こうやってうまくいきました」って話は本屋にいっぱいあるけど、

「うまくいきませんでした」って話は、本にならないからね。 

 

なんかリアルタイムでデ杯見たせいでまだ頭ボーっとしてて(時差ボケ状態)、

何を言いたいのかわからなくなってきたのでそろそろ寝ようと思うんだけど(笑)、

とりあえず、イケメン多いので(笑)、見てて楽しいと思うよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。