英語の発音を笑う奴はクズ

世界の標準語は英語なので、母語が英語でない人でも英語を話せる人が世界には

たくさんいるわけですが。

 

いつも思うのは、日本人て何で「発音」にこだわるの?と思う。

 

英語が母語でない人と英語で話してればわかるけど、どの国にもその国特有の

「訛り」はあるし、発音できない音もある。

 

例えば、タイ人は「r」が発音できない人が多い(私の周囲の人の事なので、全員か

どうかは知らない)例えば「drive」が「ダイブ」になっちゃうみたいな。

 

韓国人は「はひふへほ」が「ぱぴぷぺぽ」になっちゃう人が多い。

「if」が「イプ」になっちゃうみたいな。(これも私の周囲の話なので以下ry)

 

とまあ、その国の訛りや発音できない音っていうのはあるんです。

だから何も気にすることないんだけどな。

 

あと私は間違ってもネトウヨ(笑)じゃないけど、経験上、中国人と韓国人は

失礼な人の割合が異常に高いので、関わらないようにしている。

 

私が仕事で1年半ほど海外にいた時も、私の英語を「ジャパングリッシュ」とか言って

pgrしてきたのは全員韓国人だったし、中国人にはもっと日常的に、ここに書けないような差別的な事言われまくった。

 

なので、ネットでよく言われる「中韓の人とは関わっちゃだめ」ってのは

残念ながら正解だと思っている。

 

日本に帰ってきてから仕事してても、中国人は粘着質で「自分に従わない奴は許さん」みたいな感じで絡んでくる人が多かった。

モラハラな国民性なの?と思ってしまうくらい。

 

で、話がそれたけど、英語の発音なんて気にする必要ないって事です。笑

まあ通じないほど酷い発音だったら練習する必要はあるけど、そうじゃないなら

日本人なんだから、日本人ぽい訛りはあるはずなんです、自分じゃ分からなくても。笑

それはどこの国でも同じなんです。

 

はぁ。それにしても中韓の人は未だに嫌いだ。笑

こういう事書くと、いわゆる「ヘイト」だと騒がれるのかな?w

 

でも別にネット上の情報とか偏見で言ってるんじゃないからね。

私が実際に体験して、身に染みて「中韓の人とは関わらない方がいい」って思ったってだけ。

 

 

 

 

広告を非表示にする
当サイトはAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。